Monthly Archives: 2月 2018

無料相談もできる

とはいえ、実際に相談してみなければ、どのくらいの費用で、どんな支援をしてくれるのかは、はっきりとは見えないもの。司法書士や行政書士などの士業は、相談を業務としているので、ちょっと聞いてみたいと思っても、相談料が発生することがあります。

電話そんなときは、無料相談を行っている会計事務所を探してみましょう。会計事務所によっては、直接会っての相談だけでなく、メールや電話での相談に対応してくれるところもあります。また、土日や祝日、夜間の対応がOKなところも。会社設立の方法や、決めるべきことで迷っていることだけでなく、創業融資などお金に関する相談に対応してくれることもあります。

また現在、会社設立代行を依頼しているところに対する疑問が解消できない場合のセカンドオピニオンを行ってくれることも。無料なので、気軽に問い合わせてみましょう。相談の回数は、会計事務所によって1回から、契約にいたるまでの数回など、設定はさまざま。多くの会計事務所では、ホームページに無料相談のシステムや申込、問い合わせのフォームが掲載されていますので、確認して、利用してみるとよいでしょう。

株式会社設立は誰にとっても慣れていてすぐにできるもの、ではありません。会計事務所などプロの知識と技術を活用して、確実にスピーディに申請しましょう。その際は、ぜひ、無料相談を活用して、事前に、いろいろな疑問を解消しておくのがおすすめです。

会社設立代行の内容

会社設立代行サービスは、司法書士、行政書士、会計事務所などが行っている業務の1つです。専門的な知識を必要とする会社設立について、多くの企業とのつながりや、スタートアップ支援に携わることの多い、士業の人たちが、許可された業務の範囲で、定款の作成や、申請書類の作成だけでなく、窓口への申請や起業についてのアドバイスを行って、会社設立を支援してくれます。

男性それぞれの士業で提供される会社設立代行サービスには特徴があり、書類の作成のみが行える行政書士は比較的安価に代行業務を行います。司法書士は、窓口への申請も行えるので、必要事項を伝えて依頼すれば、会社設立の業務が完了できます。

会計事務所の代行サービスは、税務の視点でのアドバイスが貰えるのが特徴。会計事務所の税理士は、税金のプロ。企業にとって、法人税や消費税などは、支払い義務があるだけでなく、支払わなければ社会的信用にもつながりかねない重要な事項です。ですが、資金繰りなどを考えると最小限に抑えたいというのも本音。そのために、どのような業態にしたほうがよいか、決算時期や役員報酬をどのように考えたらよいか、詳細な部分までアドバイスしてくれ、会社設立後の会社運営を見越した視点をしてくれます

会社設立代行に対し、どんな支援を求めているのか?ということはもちろん、会社設立には様々な費用がかかります。代行サービスに支払える費用はどの程度か?なども考慮して、目的にあったところを選ぶのがポイントです。

関連サイト
会社設立に関わる費用|税理士法人アディーレ会計事務所